走行中のシフトチェンジについて

オートマ車ではドライブにいれておけば、あとは速度に応じて勝手にギアを変えてくれる仕組みが搭載されています。マニュアル車では加速・減速時にシフトチェンジという操作があり、自分でギアを操作する必要があります。その操作方法についてお伝えします。
アクセルペダルとクラッチペダルの両方を使います。オートマ車は右足だけで加速・減速できることに対して、マニュアル車は両足を使います。左足でクラッチペダルを踏んでいる間に、ギアを1速から2速へ変えて加速していきます。クラッチペダルを踏むことで、ギアという歯車を一旦エンジンから切り離すのです。クラッチを踏んで手元のギアチェンジをするのですが、その時に同時にアクセルペダルを右足で踏み速度を調整します。言葉で言い表すと少しややこしいのですが、いわゆる半クラとよばれる半クラッチの状態で、ギアチェンジをしていきます。

 

走行中に加速してスピードアップをする場合も、信号待ちで止まるためにスピードダウンをしていく場合にもギアチェンジは必ず必要となります。どのタイミングでクラッチを踏み込みギアをチェンジするかは、音を聞くこともポイントになります。スピードメーターだけをみて、何速に変えるという作業をしていたら危ないのです。安全運転をするために色々な方向の安全確認は大切です。愛車の音を聞いてギアチェンジをスムーズにすることをおすすめします。

コメントは受け付けていません。