2つのペダルの操作について

オートマチックの車において、操作の基本となるのはアクセルとブレーキのペダルです。マニュアルの車とは違い、クラッチによる複雑な操作は必要とされません。ギアチェンジに関しても、勝手にコンピュータがシフトチェンジをしてくれるのでドライバーはアクセルとブレーキの操作にのみ集中する事が出来ます。オートマチックのメリットはこの2つの動作でのみ動かす事が出来るという事が大きなメリットです。現在の車はオートマチックが主流となっており、趣味でマニュアルを選択する人も少なくなってきています。

 

 

この操作によってのみ動く事が出来る分、繊細なフットワークが必要になってきます。マニュアルの場合はギアを手動で切り替える事により、速度を落とす事が出来ますがオートマチック車はフットワークで速度を落とす事になります。つまり緩やかに停止するためにもゆっくりと踏み込んで徐々に速度を落としていかなければなりません。どんなに徐行をしていたとしても、思いっきり踏み込んでしまうと急に停止してしまい車が揺れる事になります。スピードを出すときに関してはギアチェンジが無い分スムーズに速度を上げることが出来ます。シンプルな操作だからこそメリットもデメリットも大きいです。

コメントは受け付けていません。