‘未分類’ カテゴリー

シフトレバーの操作について

自動車を運転している時に急にブレーキがきかなくなったらとても危険です。このようにブレーキが利かなくなる現象をヴェーパーロック現象と言います。この現象が生じるおもな原因はブレーキを強くまた頻繁に踏み込んだ結果、ブレーキのシステムが過熱して気泡が発生することにより、ペダルを踏むことで発生するはずの圧力がかからなくなってしまったために起きたことが挙げられます。ブレーキが正常に機能するようにするには、普段から点検時にブレーキフルードの交換をすることが大切です。それと同時に普段の運転の中で、不必要にブレーキを酷使し過ぎない操作も心掛けなければなりません。

4967935

 

例えば坂道や高速道路で減速をする場合には、マニュアル車の場合はアクセルペダルを離すだけでエンジンブレーキがききます。またオートマチック車であればオーバードライブOFFのスイッチを押すか、セカンドかサードにシフトレバーをチェンジすれば無用にブレーキを踏みこまなくとも加速を抑えることができます。運転初心者はともすると恐怖心からすぐにブレーキに足を置くクセがあるようですが、適切にブレーキを使用しないとかえってヴェーパーロック現象という危険な現象が起きるのだということも頭に入れておかないといけません。エンジンブレーキも効果的に併用することが安全運転につながるのです。

注意したいクリーピング現象とは

AT車やCVT車ではエンジンがかかった状態でセレクトレバーがDやRに入っていると、勝手に車が動き出してしまいます。これをクリーピング現象もしくはクリープ現象と呼んでいます。これはトルクコンバーターを採用しているAT車やCVT車で必ず起こる現象です。
ですからAT車などでは、エンジンがかかっていれば、アクセルを踏んでいなくても勝手に車が動いていくことになります。この時の速度は大人の小走り程度といわれていますが、前進しようとする力自体はかなりものもなので、前から押さえたり、後ろから引っ張ったりする程度では止めることはできないといわれています。もし車の進行方向に人がいれば、勝手に走ってきた車にひかれて事故になることも十分に考えられます。

 

 
このような事故を避けるためにも車を離れる際には、セレクトレバーをPに入れ、パーキングブレーキを確実に掛けることが重要です。
また運転席に座っていても、エアコンを使用しているときなどはエンジンの回転数が自動で高くなる時があり、その時にはより強くこの現象が出てくるために注意が必要です。ブレーキの踏み方が甘ければ、信号待ちの際に前の車に追突することも起こりえます。
上手に利用すれば燃費の向上などにもなりますが、危険な側面もあるので注意が必要です。

2つのペダルの操作について

オートマチックの車において、操作の基本となるのはアクセルとブレーキのペダルです。マニュアルの車とは違い、クラッチによる複雑な操作は必要とされません。ギアチェンジに関しても、勝手にコンピュータがシフトチェンジをしてくれるのでドライバーはアクセルとブレーキの操作にのみ集中する事が出来ます。オートマチックのメリットはこの2つの動作でのみ動かす事が出来るという事が大きなメリットです。現在の車はオートマチックが主流となっており、趣味でマニュアルを選択する人も少なくなってきています。

 

 

この操作によってのみ動く事が出来る分、繊細なフットワークが必要になってきます。マニュアルの場合はギアを手動で切り替える事により、速度を落とす事が出来ますがオートマチック車はフットワークで速度を落とす事になります。つまり緩やかに停止するためにもゆっくりと踏み込んで徐々に速度を落としていかなければなりません。どんなに徐行をしていたとしても、思いっきり踏み込んでしまうと急に停止してしまい車が揺れる事になります。スピードを出すときに関してはギアチェンジが無い分スムーズに速度を上げることが出来ます。シンプルな操作だからこそメリットもデメリットも大きいです。

オートマチック(AT)車の運転と操作方法

オートマチック車の運転と操作方法はとても簡単です。マニュアル車に比べれば初心者でも運転しやすいという部分があります。こうした運転や操作方法が生まれたのは自動車の技術が革新的に向上したということが大きく影響していると言えます。マニュアルであればクラッチを一段階ずつ操作していくことになりますがオートマチックであればそのままで走ることも停まることも出来ます。ギアチェンジを自動で行ってくれるのがオートマチックの特徴だと言えます。

 

 

こうした全自動という部分はとても大事なものになっています。きちんと考慮して自動車を選択するという時に利便性が高いということや操作が簡単であるということは、とても大事なポイントになっています。こうした利便性が高いということは、日常的に車に乗っているという人には必要不可欠な部分になっています。操作性などもきちんと考えて選択することが大事です。自動車というものは、これからの世の中でも多くの人に利用されるものであり、特にオートマのような利便性が高い仕組みというものはとても大事なものになっています。こうした自動車を活用するということであれば、どんな部分を最優先にするのかを考えておくことが大事です。

斜めの操作はワンテンポ置くことのすすめ

マニュアル車は慣れてしまえば意識することなく、スムーズに操作する事が出来ますが、慣れないうちは上手くいかない場合も有ります。クラッチを踏みながらシフトレバーを動かして、場合によっては半クラをするというように頭で考えると、ゴチャゴチャしてしまいます。とにかく乗る時間を増やせば、いつの間にかに自然に運転する事が出来るようになっているでしょう。ですがコツを知っていると、上達が早くなるのも事実です。

 

 

そこで、シフトレバーの動かし方にはポイントが有るので紹介します。シフトレバーを動かしている時に引っ掛かってしまって、上手く動かせない事が有ります。こんな時は無理やり力を入れてもダメです。特に2速から3速のように、斜めに動かす時は注意が必要です。シフトレバーを動かす時は、ニュートラルでワンテンポ置くことをおすすめします。早く変速しなきゃと焦りがちなのですが、落ち着いて位置を確認しながら動かすと上手く入れる事が出来ます。これは気持ちの問題だけではなく、機械的にもマニュアル車のトランスミッションはそのような作りになっています。回転数が合っていないとギアが入りにくい仕組みになっていますので、力任せに押しこむのはダメなのです。

シフトレバーは手のひらで操作するとスムーズなる

マニュアル車を運転する魅力の一つに、ギアチェンジの操作が有ります。ところが免許を取ったばかりだと上手く操作が出来ずに、苦手に感じてしまう人もいるかもしれません。ですがしばらく乗っていればすぐに慣れますし、上手に操作出来る様になるので心配する必要はありません。さらに上手に操作する為のコツを知っておくと、上達が早くなるので覚えておくようにしましょう。

 

 

まずギアチェンジをする際には、力を入れてはいけません。力を入れて操作してしまうとミスをした時に、ガリっと嫌な音がしたりトランスミッションを傷めてしまう事もあります。シフトレバーは力を入れて握りしめずに、手のひらで優しく操作するようにしましょう。1速から2速に入れたりする時にはダイレクトに動かすのではなく、一瞬だけニュートラルで止めるイメージで操作するとスムーズになります。またぐいっと押しこむのではなく、感覚を確かめながらゆっくりと押しこむようにします。こうする事によって、トランスミッションを傷めずに済みます。回転数が合っていれば、自分からするっと入ってくれます。レーサーは一見すると荒っぽくギアチェンジの操作しているように見えますが、実はとても丁寧にトランスミッションをいたわって操作しています。

走行中のシフトチェンジについて

オートマ車ではドライブにいれておけば、あとは速度に応じて勝手にギアを変えてくれる仕組みが搭載されています。マニュアル車では加速・減速時にシフトチェンジという操作があり、自分でギアを操作する必要があります。その操作方法についてお伝えします。
アクセルペダルとクラッチペダルの両方を使います。オートマ車は右足だけで加速・減速できることに対して、マニュアル車は両足を使います。左足でクラッチペダルを踏んでいる間に、ギアを1速から2速へ変えて加速していきます。クラッチペダルを踏むことで、ギアという歯車を一旦エンジンから切り離すのです。クラッチを踏んで手元のギアチェンジをするのですが、その時に同時にアクセルペダルを右足で踏み速度を調整します。言葉で言い表すと少しややこしいのですが、いわゆる半クラとよばれる半クラッチの状態で、ギアチェンジをしていきます。

 

走行中に加速してスピードアップをする場合も、信号待ちで止まるためにスピードダウンをしていく場合にもギアチェンジは必ず必要となります。どのタイミングでクラッチを踏み込みギアをチェンジするかは、音を聞くこともポイントになります。スピードメーターだけをみて、何速に変えるという作業をしていたら危ないのです。安全運転をするために色々な方向の安全確認は大切です。愛車の音を聞いてギアチェンジをスムーズにすることをおすすめします。

発進時のクラッチのつなぎについて

マニュアル車を操作する上で、クラッチ操作はとても重要です。この操作が上手に出来ないと運転がギクシャクしてまったり、エンストを繰り返すことになってしまいます。また車によって操作するフィーリングが異なりますので、車ごとに合わせて操作する事もとても大切です。ですが免許を取ったばかりの人や、オートマチック車からマニュアル車に乗り換えたばかりの人は、上手く操作する必要はありません。基本に忠実に、落ち着いて操作する事がとても大切です。

 

やはりマニュアル車で特に緊張するのは、発進する時でしょう。正しく操作しないと急発進したり、エンストをしてしまうことになります。ペダルを一番深くまで踏み込んた状態からゆっくりと右足を上げて、ミートするポイントをしっかりと感じる必要があります。その際にはアクセルを少し踏み込んで、エンストしないようにします。ミートした瞬間に回転数が下がりますので、アクセルを微妙に調整します。車が少しでも動き始めたら、半クラを維持しつつ発進します。ここで右足を急に上げると、車がギクシャクしてしまうのでゆっくりと上げる事が大切です。慣れてきたらだんだんと、半クラをする時間を短くしていくと良いでしょう。

マニュアル(MT)車の乗り方と操作方法

車には種類がありその操作方法によって分けられています。そして免許を取り際にも違いがあるのです。そのなかにマニュアル車がありますが、この車はオートマ車と比べると違いがあります。基本的には構造に違いがあります。特にクラッチという物がありギアをつながなければ動かすことができません。従ってここではエンストと言うことがよく起こります。エンストには原因があり、半クラッチの時間が少なかったり動く力よりも止まる力の方が上回っていたり、ギアが間違っていると言うことが考えられます。半クラッチの時間が短いと言うことを克服するためには、少し長めにすると言うことを意識します。

 

車がある程度進めばクラッチを上げるというような感覚です。動く力よりも止まる力の方が上回っていると言うことに関しては、アクセルをいつもよりも踏み込んでエンジンの回転数を上げると言うことを行います。こうすることで解決することができます。ギアが間違っていると言うことに関しては、発信する前にギアの確認をするということを行います。この他にはクラッチを踏むのが遅いなどもあります。発進をするだけでも最初は失敗をするという人もいるくらいなので、まずは慣れると言うことを意識します。