AT車とMT車それぞれの特徴と違いについて

車はエンジンの出力を使い、車輪に動力を伝える変速機、トランスミッションが大きく分けて2種類あります。回転速度とトルクの変換を行います。
現在、多く広まっているのがオートマチックトランスミッションと言われるATです。自動的にギアを変えてくれるので、クラッチペダルがありません。
クラッチ操作がないため、苦手な方や不慣れな方でも疲れる事がありません。
教習所でよくスタートする時にエンストしてしまう車がいますが、そういった事がないのでストレスも軽減でき、クラッチを気にする事なく運転できるので渋滞などでは特に安心です。坂道発進もしやすいです。燃費変動が少ないので燃費が良くなる傾向があります。3243618_1
今では少なくなってきているのがマニュアルトランスミッションMTです。大きな違いはクラッチペダルでエンジン回転や速度にあわせて適切なギアを選んで変える必要があります。慣れが必要ですが、自分でギアを変えて走るという楽しさが味わえます。
キビキビとした走り、滑らかな走り、速いシフトチェンジで素早い走行を可能にします。低速から高速までの伝達効率もいいです。つまり力強いです。ブレーキも良く効きます。
古いクラッシクカーが好きな方や自分で操作して走る楽しみが好きな方に気に入られています。